不動産売却の理由について

大手不動産会社の調査結果によれば、不動産の売却理由の1位は「より環境の良いエリアに住みたかったから」でした。2006年以降に売却を成功させた人へのアンケート結果なので現在は違う結果が出る可能性もありますが、2位は「子どもの誕生・成長に合わせて広い家に住み替えたかった」、3位は「以前の住まいに不満があった」からとなっています。

2003年の調査で「より環境の良いエリアに住みたかったから」という理由は3位でしたから、より良い環境に住むことを重視する人が増えていることがわかります。最近の住宅市場での消費者ニーズは間取り・広さよりも、~県~市に住みたいという環境重視志向に変わりつつあります。人気のある市区町村には転入者が相次ぎ、治安が悪い地域や過疎化が進んだ地域はどんどん寂れていく傾向があります。

人気の市区町村の物件は相応の値段になることが多く、家賃相場も高くなることが多いです。そのため、新居の購入資金に少しでも充てるために、不動産の所有者が複数の不動産会社に査定を申し込むことは常識になっています。当サイトではお得に不動産を売却するコツを、不動産売却理由別にお伝えします。より環境の良いエリアに住むことによって、ご家庭の生活は豊かになります。住みやすい地域に住むと、教育・暮らし・介護などの多岐にわたる分野で公的もしくは地域からのサポートを受けやすくなります。ファミリー世代だけではなく、老後の生活設計を再考したいシニアにとっても長く暮らせる地域に移住することはメリットが多いでしょう。

[特集]
不動産売却価格を一括査定できるサイトです・・・不動産売却

Copyright © 2014 不動産売却をする理由 All Rights Reserved.